About

講師からのメッセージ


私が英語を始めたのは小学校低学年。両親は特に英語が話せるわけでもなく、海外で暮らした経験もありません。早く英語を始めた割に海外デビューは遅めで、初めての海外旅行は高校2年生の夏。日本の大学に進学することを疑っていませんでした。

海外へ行きたいと強く思ったのは、ある留学生のスピーチを聞いた時でした。私にはない広い視野で世界を語る彼女に衝撃を受けました。留学すると決めてからは、英検や受験ではなく、留学に必要な英語検定(IELTS)と会話の勉強にシフトチェンジ。必要十分な文法や語彙があるはずなのに、いざ口に出そうとすると出てこない。ただでさえ積極的な会話が得意な方ではなかったので初めは苦痛でした。

家族に英語が得意な人はいない、現地に知人はいない。特に渡英してからは、常に自分でどうにかせざるを得ない状況でした。そのおかげで、多少は会話能力が向上したように思います。とはいえ、言語を問わず、今でもお喋りは得意ではないですが、コミュニケーション能力を疑われたことはありません。聞くべきことは聞き、伝えるべきことは伝えられているからだと思います。

英語が出来ればどうにでもなると思っている人もいるかもしれません。日本を出てみれば、英語を話せる人はごまんといます。話している内容に魅力がなければ、誰も耳を傾けてはくれません。

彩わらじでは、受講生に応じてカリキュラムを柔軟に組みます。受講生それぞれの興味や希望にあった素材を扱い、ご自身のことを自信を持って語れるようになることを目指しますご自身のことを語れることが、その方の魅力につながると信じています。個人教室だからこそできるレッスンを是非体験しにきてください。

 

 

講師紹介 Miho Miyazaki


埼玉県川越市出身。県内の高校卒業後に渡英。サウサンプトン・ロンドンで5年を過ごす。専攻は化学、環境技術学。現地の中学校におけるティーチング・アシスタントのボランティアを通して教育に関心を持つ。修士号(MSc)を取得して帰国。民間企業の主にIT関連部門に勤務する傍ら英語教育について学び、現在は企業や大学の英語セミナーの講師、子供向け英話講師、着物の講師ときどきシンガーとして活動中。趣味はアイリッシュダンス、水引アクセサリー作り、藍染、ミュージカル・宝塚鑑賞と幅広い。

[資格]
CELTA(ケンブリッジ大学英語検定機構の英語教授法認定資格)
IIEEC児童英語認定教師(オックスフォード大学出版局)
日本語教育能力検定合格
 

 

タイトルとURLをコピーしました