小学生・中学生の英語

英語を使える人を育てる

現在、世界中で行われている英語の会話のうち、ネイティブ・スピーカーだけの会話は1割にも満たないと言われているそうです。もはや英語は、世界共通のものになりつつあります。

2020年の英語教育変革に伴い、四技能(「話す」「聞く」「読む」「書く」)という言葉が強調され始めました。「話す」という観点については、コミュニケーションとプレゼンテーションと二つに分けて定義されることもあります。英語を使える人になるためには、四技能のいずれも重要です。そして、この技能を支える根底にあるのは文法です。初めは英語に耳と口で英語に慣れ、徐々に読み書きへと移行していきます。詳しくは『レベルに応じたクラス分け』の項をお読み下さい。

 

レベルに応じたクラス分け

クラスは学年で分けることはしません。レベルに応じたレッスンを受けられますので無理がありません。少人数ですので、生徒同士はもちろん、講師と生徒のインタラクションが濃密になります。まずは「安全」な環境で繰り返し英語に慣れることが、今後、より広く流動的な環境で英語を使えるようになるために重要だと考えています。

レベル

  • スターター
    まったく初めて英語に触れる人。
    アルファベットからスタートします。フォニックスと絵本をメインに使用して英語に慣れることを目指します。コミュニケーションが中心ですが、アルファベットを書く練習を同時に進めていきます。次の段階での読み書きの下地づくりを目指します。
  • エレメンタリー1
    アルファベットの読み書きができ、簡単な表現を知っている人。
    フォニックスを継続して学びつつ、コースブックを使って表現の幅を広げていきます。この段階で重要なのは「聞く」「話す」に加えて、「読む」「書く」が自らできるようになること。自分のことを簡単な表現で説明できるようになることを目指します。
  • エレメンタリー2
    簡単なことであれば自分から質疑応答ができる人。
    今まで何となく使っていた表現を文法と結びつけて理解する過程が入ってきます。英語力の基盤を固める上でとても重要です。この段階では、自分の身の回りのことについて英語で説明できるようになることを目指します。中学校の学習範囲にも十分対応できます。

 

保護者のレッスン参加を推奨

お子さんの英語力UPには、ご家庭での保護者のサポートがとても重要です。週1回60分のレッスンに参加するだけでは、英語を使えるようにはなりません。学んだことを、どれだけ使ったかによって定着度が変わってきます。したがって、生活の中に学んだ英語を取り入れることも大きな意味を持ちます。

そこで、当教室では保護者の方の参加を推奨しています。特に、まだ勉強の習慣が身に付いていない低学年のお子さんについては、是非積極的にご参加下さい。お子さんが何を学び、どのように学びに取り組んでいるのかを観察することは、ご家庭での復習にとても効果的です。是非お子さんと一緒に学び、生活に役立てて下さい。

 

レッスンスケジュール


開講日時:

クラス 日時 会場 備考
小学生
スターター
毎週水曜
17:30~18:30
北坂戸
食堂Cafe COUCOU
定員:4名
休講日:-
小学生
エレメンタリー1
毎週木曜
16:45~17:45
川越 霞が関
桜英数個別塾
定員:4名
休講日:2020/3/26

月会費 10,500円

  • 年間42回開催(3ヵ月で10回~11回)
  • 入学金等はありません
  • 別途レッスンで使用する教材をご購入頂きます(年間3,000~5,000円程度)
  • 欠席時の払い戻しはありませんので予めご了承ください

 

体験レッスン


体験レッスンをご希望の方は、定期レッスンにご参加ください。

要予約、料金は1,000円です。
保護者の方の同席が可能ですので、是非ご一緒にご参加ください。

 

体験レッスンを予約する

 

お問い合わせ


ご不明な点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

メールで問い合わせる

タイトルとURLをコピーしました